名勝・史跡

富士吉田に来たら一度は訪れてみたい「名勝」や「史跡」をご紹介。

北口本宮冨士浅間神社

北口本宮冨士浅間神社

垂仁天皇の御代、勅命をもって火山鎮護の神、木花開耶姫を祀ったのがはじまりとされている。
武田信玄をはじめ領主の崇敬も厚い。延暦7年(788)創建。老杉のうっそうと茂る杜には
荘厳華麗な本殿と東宮・西宮本殿(三殿とも国の重要文化財)や60年に1回建て替える朱塗りの
大鳥居、根まわり約23㍍の杉のご神木(天然記念物)などを拝している。
国の重要文化財である本殿や天然記念物の御神木などは見応えあり。

北口本宮冨士浅間神社東宮本殿
指定区分 :国宝・重要文化財(建造物)
指定年月日:1907年8月28日

北口本宮冨士浅間神社西宮本殿
指定区分 :国宝・重要文化財(建造物)
指定年月日:1953年3月31日

北口本宮冨士浅間神社本殿 附:棟札一枚
指定区分 :国宝・重要文化財(建造物)
指定年月日:1953年3月31日

太刀 備州長船径家 文安二年二月日 附糸巻太刀拵
指定区分 :国宝・重要文化財(美術品)、県指定有形文化財(工芸品)
指定年月日:1923年3月28日

北口本宮冨士浅間神社幣殿1棟 附石垣・本殿瑞垣および恵毘寿社
指定区分 :県指定有形文化財(建造物)
指定年月日:2009年2月16日

北口本宮冨士浅間神社太々神楽
指定区分 :県指定無形民俗文化財
指定年月日:1992年6月22日

北口本宮冨士浅間神社の大スギ
指定区分 :県指定天然記念物(植物)
指定年月日:1958年6月19日
所在地  :山梨県富士吉田市上吉田5558
問合せ  :北口本宮冨士浅間神社 0555-22-0221

小室浅間神社のカツラ

本殿の北側にあり、根廻り13m、樹高28m、枝張東西15m、南北14m、樹齢600年と推定される。
かつて南北朝時代の争乱のの際の鎌倉で討たれた大塔宮護良親王の首級を雛鶴姫が負って
落ちのび、この樹の根元の葬ったという伝説があり「大塔宮桂の古跡」とも称している。
指定区分 :市指定天然記念物(植物)
指定年月日:1969年3月4日
所在地  :山梨県富士吉田市下吉田5221
問合せ  :小室浅間神社 0555-22-1025

正福寺

正福寺の本堂
本堂が建立されたのは元和6年で、今から約360年前である。
桃山時代の工法で「千鳥形破風入母屋造」である。内陣は旧芝増上寺境内の「徳川2代の霊廟」
と同じ工法といわれ、極彩色の絢爛たる装飾はまことに見事なものである。また内陣両袖の
襖は表裡とも江戸時代の巨匠の作である。

指定区分 :市指定有形文化財(建造物)
指定年月日:1966年11月1日

正福寺の経堂八角輪転蔵
明和年間(約210年前)建立された。当時日光御門主であった一品親王公澄より賜った
由緒あるもので、正面に掲げた「一音蔵」の額は一品親王の直筆である。内には華麗な
八角輪転蔵(回転しながら経をおさめる箪笥)をそなえ、一切経五千七百巻をおさめている。

指定区分 :市指定有形文化財(建造物)
指定年月日:1966年11月1日
所在地  :山梨県富士吉田市新倉585
問合せ  :正福寺 0555-22-0850

大正寺

大正寺の鐘楼
文化十年(約170年前)に建造されたもので「千鳥形破風入母屋造」。
基礎は新倉石で積みあげてあり、安定した豪壮な外観からしても当時の建築様式の
枠を集めたもので鐘楼としては稀に見る壮麗な姿である。
指定区分 :市指定有形文化財(建造物)
指定年月日:1966年11月1日

大正寺の庭園
文化年間(約170年前)徳川将軍家の庭師石斉によって、富士焙岩の自然を基礎とし
築いた庭園で、中国廬山の「虎渓」を形どって作ったもので一名「虎渓の庭」ともいう。
幽邃にして壮大な景観をよく現しており、まだた原形がよく保存されている。
指定区分 :市指定名勝
指定年月日:1969年3月4日
所在地  :山梨県富士吉田市新倉621
問合せ  :大正寺 0555-22-1017

福源寺の太子堂
享保9年(約260年前)の建造で「六角寄棟造」。廻廊を廻らし擬宝珠控高欄がついている。
法隆寺の夢殿を思わせる様な優雅な美しい建物で、内には聖徳太子の自筆といわれる太子
16歳の肖像画と太子の木像がおさめられている。
指定区分 :市指定有形文化財(建造物)
指定年月日:1966年11月1日
所在地  :山梨県富士吉田市下吉田5780
問合せ  :福源寺 0555-23-7733

吉田胎内樹型
上吉田の剣丸尾の東縁にあり、本穴は一本横臥樹型と三本の井型樹型と小円筒型横臥樹型とから
成り、入口の横臥樹型には樹木の木理が明瞭に保存されている。また天井には溶岩鍾乳石が垂れ、
洞底には溶岩石笥がのびている。富士講の人々は「浅間明神が此れ地より誕生し給ひける」と
言い伝え、神聖な霊地として信仰の「胎内」となっている。
毎年4月29日、胎内神社『吉田胎内祭』で一般公開される。
指定区分 :国指定天然記念物(地質鉱物)
指定年月日:1929年12月17日
所在地  :山梨県富士吉田市上吉田剣丸尾
問合せ  :富士吉田市役所 富士山課 0555-22-1111

雁ノ穴
上吉田字雁の溶岩地帯にある崩れ穴と流れ穴2つの溶岩洞穴と16個の溶岩樹型群の総称で、
昔から雁の穴(がんのあな)と呼ばれている。国天然記念物に指定されている。
雪中登山の碑碑の反対側を進んだ「泉瑞」からさらに東へ約1キロメートル先。
指定区分 :国指定天然記念物(地質鉱物)
指定年月日:1932年10月19日
所在地  :山梨県富士吉田市上吉田大字儘下雁穴
問合せ  :富士吉田市役所 富士山課 0555-22-1111

躑躅原のレンゲツツジ及びフジザクラ群落
指定区分 :国指定天然記念物(植物)
指定年月日:1928年3月3日
所在地  :山梨県富士吉田市上吉田鈴原下5603
問合せ  :富士吉田市役所 富士山課 0555-22-1111

富士五湖周辺の文化財について


※文化財は各寺社や所有者の方々により大切に保管されています。
 保護や安全面などの理由で、一般公開の中止や見学できない場合もあります。ご了承ください。
※見学の際はマナーを必ず守りましょう。
※最終更新日:2011年1月17日