歴史民俗博物館

富士吉田市歴史民俗博物館は、博物館活動を通して社会教育の場として活用されることを目的とした施設です。館内には常設展示室・企画展示室をはじめ、学習室や富士山を一望できる自然観察室などがあります。常設展示では、『富士山の信仰』・『郡内織物』の二つのテーマ展示と、『歴史』・『民俗』を合わせて、四つの分野で構成しています。

富士山の信仰 -北口登山-
富士吉田市の南面にそびえる富士山は、日本一高い山です。また、山容の美しさにおいては世界でも有数の山の一つです。一方、時によっては山麓に災害をもたらす大変恐ろしい山でもありました。それ故、古来より神仏の住む霊山として人々に崇められてきました。
富士吉田市には富士山の登山道があり、その起点となる上吉田は古くから信仰のために登山する人々が訪れ、賑わっていました。ここでは、進行登山者を迎える恩師の資料を中心に、富士山の信仰について紹介しています。

地域をささえた産業 -郡内織物-
山梨県東部の地域呼称を郡内といいます。この地域は富士五湖の一つ。山中湖を水源として流下する桂川沿いのわずかな平坦地を除いて、その多くが山がちなところです。加えて、富士山麓は冷涼な気候に火山灰土であって、農業生産だけでは暮らしをたてることができませんでした。そのため、農業を補完するものとして、絹織物を織ってきました。郡内は地名としてばかりでなく。この地で織り出される絹織物の呼称ともなっていました。
富士山の火山灰土や高冷地というきびしい環境の中で、繭の生産に着目し絹織物が飛躍的に発展しました。展示では、この地方を代表する産業である織物産業について、江戸時代から現代までの流れを紹介しています。

日々の暮らしと祭り -民俗-
日常の生活は、労働を中心とした普段の日と、ハレ(晴れ)の日とに分けることができます。ハレとは祭礼や年中行事、冠婚葬祭などの特別な時間と空間を指し、それに対して、日常的な労働と休息をケ(褻)と捉えています。年に何度か訪れるハレの日は、日常生活にメリハリを与える役割を果たし、祭りを行うことによって、翌日から新たな気持ちで生産活動を営むことができると考えられてきました。
私たちの日々の生活は、労働を中心としたふだんの日と神仏を祭る晴れの日に大きく分けられます。展示も水掛け麦などの農耕や食生活など日常生活と、晴れの行事としての小正月行事や火祭り・流鏑馬など、二つに分けて紹介しています。

富士吉田の歩み -歴史-
遥か遠い1,500万年の昔、海の底であったこの地域は、その後の海底の隆起や火山活動によって大地となり富士山の原型ができあがりました。そして、人々の暮らしが始まりました。この地域の人々は富士山の噴火に立ち向かい、その中でも営々と耕地を切り拓き、生産活動に従事してきたのです。
富士吉田市の歴史は、富士山から流出した溶岩で覆われた台地の開発など厳しい自然を克服してきた祖先の歩みそのものです。ここでは、この地方が海の底であったはるか昔から、現在に至るまでの歴史の流れを展示しています。

付属施設
旧宮下家住宅 <県指定文化財>
市内小明見にあった木造平屋建、茅葺入母屋造り、面積118㎡(約36坪)の民家で、
平成2年(1990)に博物館に移築復原されました。

旧武藤家住宅 <市指定文化財>
<市内下吉田にあった木造平屋建、茅葺入母屋造り(カブト造り)、面積154.83㎡のやや大型の民家です。 昭和58年に移築復元されました。平成13年3月屋根葺き替え。 御師住宅 <国指定重要文化財小佐野家復原住宅>
御師の宿坊として代表的な建築物で、現在も市内上吉田に残る小佐野家住宅と、同家所蔵の古図をもとに
昭和58年(1983)に復原した模造の建物です。建築面積は291㎡(約88坪)。
小佐野家は屋号を堀端屋といい、建物は文久元年(1861)に建築されたものです。

御師 旧外川家住宅
外川家住宅では、時季に合せてた展示をおこなっています(5月中旬迄)。
時 間 : 9時半~17時半(入館は16時半まで)
休 館 : 火曜日・祝祭日の場合翌日 ※8月は無休
料 金 : 大人 100円(240円)小中高生 50円(40円)※( )内は20名様以上の団体
所在地 : 山梨県富士吉田市上吉田3-14-8
問合せ : 0555-22-1101

文化財登録について

施設情報
時 間 : 9時半~17時半(入館は17時まで)
休 館 : 火曜日・祝祭日の場合翌日 ※8月は無休
料 金 : 大人 300円(240円)小中高生 150円(120円)※( )内は20名様以上の団体
所在地 : 山梨県富士吉田市上吉田2288-1
問合せ : 0555-24-2411


大きな地図で見る


※開館時間・休館日は変動する場合がございます。
※文化財は各寺社や所有者の方々により大切に保管されています。
 保護や安全面などの理由で、一般公開の中止や見学できない場合もあります。ご了承ください。
※展示替等による臨時休館、春夏冬休み期間、GW期間、年末年始の開館状況については
 各施設まで直接ご確認ください。
※最終更新日:2011年1月17日