やぶさめ祭り

 小室浅間神社で毎年9月19日の例大祭に行なわれる流鏑馬(やぶさめ)は、武技練磨のために騎馬で的を射る流鏑馬とは違い、神事として神社に奉納されるものです。この秋祭りは流鏑馬を奉納し、翌春までの間に争いごと等が起きぬよう祈願するものです。また、走った馬の蹄の跡で吉凶を占うため大変珍しいとされています。流鏑馬祭りが定められたのは、安元2年(1176)のことで、それ以来今日まで一度も欠かすことなく伝えられてきました。

9月17日 山王社宵宮祭(天神社)

9月18日 山王社例祭・小室浅間神社宵宮祭
・奉納馬による市内パレード
・天神社での神事
・富士山神輿発輿
・宵宮祭(小室浅間神社)
新倉太々神楽、津軽三味線、すその太極拳、みずほ太極拳、富士山火焔太鼓、
巫女舞、幼児・小学生絵画の展示、やぶさめ祭り俳句大会

9月19日 小室浅間神社例大祭
・例大祭流鏑馬祭り(小室浅間神社)
・流鏑馬神事奉納(馬場)
・流鏑馬(出走)
※午前中の出走は馬のならしで神事ではありません。

9月20日 後祭

K56モデム/ISDN回線用   ADSL/光ケーブル用

施設情報
指定区分 :富士吉田市指定無形文化財
開 催 地 :下吉田小室浅間神社・神社馬場
問 合 せ :小室浅間神社・流鏑馬実行委員会 0555-22-1025


大きな地図で見る


※文化財は各寺社や所有者の方々により大切に保管されています。
 保護や安全面などの理由で、一般公開の中止や見学できない場合もあります。ご了承ください。
※見学の際はマナーを必ず守りましょう。
※最終更新日:2011年1月7日