山小屋(登山)

日本最高峰『富士山』の登山ガイドをご紹介。

山小屋ガイド・山小屋マップ
富士山の豆知識

登山シーズン 7月1日~8月31日
山開きは7月1日ですが、この時期はまだ天候が不安定で、
残雪によって登山禁止の場合もあります。事前に確認しましょう。
富士吉田市富士山課:TEL 0555-22-1111

登山必需品
帽子、登山笠(ひのき笠)、防寒セーター、手袋(軍手)、雨具(ビニールなど)
水筒、運動靴(ズック)、わらじ、登山杖、懐中電燈など

登山時間
スバルライン終点5合目~吉田口6合目を経て~頂上
・登山=5時間~6時間
・下山=3時間~3時間30分

御来光の時間
・5月~ 6月=午前4時30分~午前4時50分頃
・7月~ 8月=午前4時40分~午前5時10分頃
・9月~10月=午前5時30分~午前6時


富士山憲章

日本の象徴である富士山の豊かな恵みに感謝しつつ、 美しい姿のまま後世に引き継いでいくことを基本理念とする『富士山憲章』が1998年11月18日に制定されました。
全国に向け富士山の環境保全をアピールするために行われた富士山憲章制定記念式典には、富士山を愛する多くの人々が参加し、憲章の制定を祝いました。
憲章の制定を契機に、今後、全国的な運動の盛り上がりが期待されています。

富士山憲章
富士山は、その雄大さ、気高さにより、 古くから人々に深い感銘を与え「心のふるさと」として親しまれ、愛されてきた山です。富士山は、多様な自然の豊かさとともに、原生林をはじめ貴重な動植物な分布など、学術的にも高い価値を持っています。富士山は、私たちにとって、美しい景観や豊富な地下水などの恵みをもたらしています。この恵みは、特色ある地域社会の形成し、潤いに満ちた文化を育んできました。しかし、自然に対する過度の利用や社会経済活動などの人々の営みは、 富士山の自然環境に様々な影響を及ぼしています。富士山の貴重な自然は、一度壊れると復元することは非常に困難です。富士山は、自然、景観、歴史、文化のどれひとつとっても、人間社会を写し出す鏡であり、人との共生は、私たちの最も重要な課題です。私たちは、今を生きる人々だけでなく、未来の子供たちのため、 その自然環境のの保全に取り組んでいきます。今こそ、私たちは、富士山を愛する多くの人々の思いを結集し、保護と適正な利用のもとに、富士山を国民の財産として、世界に誇る日本シンボルとして、 後世に引き継いで行くことを決意します。よって、山梨・静岡両県は、ここに富士山憲章を定めます。

1.富士山の自然を学び、親しみ、豊かな恵みに感謝しよう。
1.富士山の美しい自然を大切に守り、豊かな文化を育もう。
1.富士山の自然環境への負担を減らし、人との共生を図ろう。
1.富士山の環境保全のために、一人ひとりが積極的に行動しよう。
1.富士山の自然、景観、歴史・文化を後世に末長く継承しよう。


※無理な登山計画はやめ安全装備で出掛けましょう。
※落石に充分注意し必ず登山道を進みましょう。
※最終更新日:2010年12月7日